読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京タクシーブログ 『個人タクシー目指してます』

東京都内でタクシー運転手をやりながら人間観察に勤しんでおります。タクシーやんなきゃ味わえないあんな話やこんな話。息子が3人いるのでそっちの子育てブログも更新中。




広告

【安全運転】 バイクを制する者は交通安全を制す!?

交通安全を語る上でやはり外せないのがバイク。
宇宙空間での宇宙服くらい外せない。
眼球の反対側に周ったコンタクトレンズくらい外せない。

f:id:zettan:20160604062504j:plain

通常の四輪車と比べてやはり動きが特殊なんです。
トリッキーなんです。
公道で遭遇するバイクとうまくやっていく事が交通安全上非常に大切であるのは言うまでもありませんね。

バイクは見た目よりも早く来る

これは有名な話ですが、大きな自動車と比べて二輪車は速度が遅く見える事があります。
交差点で道路の向こうからバイクがゆっくり来てるな~って思いながら右折したら、激突なんて事も有り得ますよ。

人間のこういった間違った感覚は知識でカバーです。
バイクは見た目以上に早い。
大人しく過ぎ去るのを待ちましょう。

後ろに付かれたら前へ行かせましょう

バイクは小さい。
死角の多い自動車からではすぐにどこかへ隠れてしまいます。
抜かされたりすり抜けられたりするのが嫌いな人も多いでしょう。
でも事故を起こす方がもっと嫌いでしょ?
バイクは先に行かせましょう。

無論法定速度をきっちり守っている原付なんかは例外ですが、基本的にバイクは前へ行きたがります。
なので後ろにバイクがいて信号で止まる際は、停止線よりも少し手前で止まってみましょう。
お先にどうぞ感を出してみましょう。
空気を読むライダーはすぐさま察知して前へ出るでしょう。
言われなくてもビッグスクーターに乗ってるオラオラ系のお兄さんは前に出ますけど。
全く隙間が無くても、強引に意地でも前に出てきますけど。

右直事故は重大事故に発展する可能性大

右直事故。
直進バイクと右折車両の接触事故の事ですね。

交差点で対向車は右折、こちらも右折。
お互いに右折同士で同時に曲がれるねー、仲良く曲がろうねー、ねぇねぇ休み時間一緒にトイレいこーなんて思ってたら、向こうの車の脇からバイクが飛び出して来て痛恨の一撃ってな具合。

対向車のサイズによっては全く見えません。
だから脇からバイクが来ている前提でゆっくり進まなければならないのです。

安全意識は低い

四輪だって人の事言えませんが、やはり二輪車のドライバーは無茶します。
安全運転している人も大勢いるのは間違いないんですが、街中で見かけるのはやはりすり抜けや煽り、速度超過のライダー達。
そこは譲ってくれよ~って思ったり、お前の一時停止は足を地面にチョンって付けるだけかよ!?などと思ったり。
自動車のドライバーだったらこうするよねーっていう暗黙のルールなんてものは通用しない。

でも大丈夫。
無茶する前提で対応すればいいだけ。

バイクは無茶をする、そのように意識していれば防げる事故もあるでしょう。

まとめ

以上の事から、バイクは見た目よりも早い。
極力視界に入りやすい位置(先頭)に進んでもらう。
車の陰に隠れている可能性を意識せよ。
無茶をしてくる可能性を意識せよ。


今日もお互いに、安全運転頑張りましょう。