東京タクシーブログ 『個人タクシー目指してます』

東京都内でタクシー運転手をやりながら人間観察に勤しんでおります。タクシーやんなきゃ味わえないあんな話やこんな話。息子が3人いるのでそっちの子育てブログも更新中。




広告

タクシーネタ

【タクシーネタ】バスタ新宿がもたらすもの

バスタ新宿。 本日4月4日から利用スタートという事で。何やら強そうな名前。 東京都庁あたりが変形して巨大ロボットになったみたいな名前ですよね。絶対バスタービーム出すよね。 新宿駅にはあっちこっちに高速バス乗り場や空港へのリムジンバス乗り場があっ…

【タクシーネタ】武蔵お婆ちゃんと手合わせした話

お婆ちゃんのお客さん。 自宅に帰るって事で住宅街の細かい部分はご案内頂いたんですね。まあまあまあ、丁字路はまだいいんですよ。 そこは素直に曲がりましょう。 丁字路はどんとこい。問題は十字路なんですよ。こう、ね、十字路に差し掛かるとね。「次の十…

【タクシーネタ】ボールペンの代わりに渡しかけた有り得ない物とは

ボールペンね。 タクシードライバーだってボールペンを使うことがあるんですよ。 ハンドルだけを握り続けてそして朽ちて行く訳ではないんです。チケットとかクレジットカードでの支払いにサインも貰わないといけませんからね。僕が会社から借りている担当車…

【タクシーネタ】着地もきっちり決めてくるおじさんの話

「いやー病院がなんであんなに混んでて待たされるか良く分かったよ」総合病院の側の処方せん薬局から出てきて乗ってきたおじさん客がこう言った。「そんなに混んでました?」「もうすっごい混んでたよ。でもあれな、分かったよ。病院ふだんあんま行かないか…

【タクシーネタ】おっぱいのシェアという提案

20代後半くらいの男が一人と女が二人っていうお客さん。 真ん中に男が座るっていう配置でね。話を聞いているとどうやら男と右隣の女はカップル。 なんだけど、左隣の女といちゃつき出すっていうこの感じね。この男はね、別にイケメンじゃないんです。 身長は…

【タクシーネタ】関西デイトレーダーが得たものとは

この間ご乗車頂いた関西弁のおじさんがこんな話をしてくれた。 (可能な限り関西弁再現してみたけど変かも)「俺の目真っ赤なんやけど、これ花粉ちゃうで?」「はい?」「今信号待ちやん、こっち見てみ」「あ~確かにちょっと赤いですねぇ」「せやろ?これ花…

【タクシーネタ】マスクではなくマスクの内側の内側のせいだった話

マスクしてるお婆ちゃんが御乗車されまして。そりゃお婆ちゃんだってマスクくらいしますよね。 花粉症ですかね。景気も先行きが不透明な中、花粉ばっかり大盤振る舞いですから。スギさんも恋は盲目とは言うけれど、他人の事お構いなしに花粉ばら蒔くもんだか…

【タクシーネタ】セコムとミネラルウォーターを死守したくなる話

「今朝は寒かったねー」齢60くらいの女性客が言う。「少し雪が積もってましたからね。私は5時起きなので寒さが身にしみました」若干かました。 早起き自慢をここでかましてやった。 頂きましょうか。 早起きなんですねーの一言を頂いておきましょうか。「…

【タクシーネタ】浴風会病院様へ送る言葉

拝啓、浴風会病院様。やってくれましたね。今回は大変驚きました。場所は杉並区の高井戸西になるのでしょうか。浴風会病院様。そこそこ大きな敷地ですが、誰でも知ってるほどメジャーではございませんね。それ故に今回の案件が発生してしまったのでしょうか…

【タクシーネタ】まだ到着していないのに降りちゃうお茶目さんの話

泣く子も黙る深夜の時間帯。夜泣きの子は泣く時間帯。もう今日は終わりかな~と車庫に戻るルートに切り替えて走っていたら、暗闇に立つ人影。スーツ姿の男性が手を挙げているではないか。お客さんだ。 なだれ込むように乗って来たその男性客からはお酒の臭い…

【タクシーネタ】自己犠牲おじさんが素敵すぎる

最近お客さんから良く言われる事がある。「いやー運転手さん、最近自転車怖いでしょー?」その通り。その通りなんだけど、ここでふとある法則に気付いたのだ。お客さんと同姓、同世代の乗る自転車はあまりディスらない。例えばお客さんがおじさんだった場合…

【タクシーネタ】女装趣味の男性がかいた大恥とは

先日ご乗車頂いた40代くらいの女性。遠距離だったので色々な話になったんだけどね、知り合いに女装が趣味の人がいてさーってサラッと言う。結構高カロリーな言葉をサラッと言う訳。独身実家暮らしなんだけど、どうやら家族にはまだばれていないらしい。服や…